いやしのロウヤガキ
Diospyros rhombifolia



葉は丸味を帯びた菱形で、3月から4月頃に花を着ける。
液果は小さく尖った楕円形状で、熟すと橙に色付く。
株は雌雄異株で、着果には雄株が必要である。
渋柿で食用には向かないが、盆栽や庭木として広く用いられている。
日本への導入は遅く、第二次世界大戦中に京都府立植物園初代園長である菊地秋雄が持ち帰ったとされる。

ABOUT ROUYAGAKI

知る

知る



育てる

育てる



創る

創る



NEWS

TOUCH ROUYAGAKI

GALLERY

GALLERY

もっと色々な老爺柿を見たい方はこちらへ



BUY

BUY

老爺柿の購入を考えている方はこちらへ



CONTACT

CONTACT

老爺柿についてお問い合わせの方はこちらへ





■〒259-0303
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-6-18
■TEL:0465-62-4597
■FAX:0465-62-8333
■メール:info@rouyagaki.com

■OPEN 10:00
■CLOSE 17:00

お気軽にお問い合わせください。